線維筋痛症

線維筋痛症とは

全身的慢性疼痛疾患であり、全身に激しい痛みが起こる病気
線維筋痛症とは 線維筋痛症友の会 JFSA

主な症状

関節、筋肉、腱など身体の広範な部位に慢性の「痛み」と「こわばり」
身体の明確な部位に圧痛
リウマチ情報センター|線維筋痛症

全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあります。
その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが多いです。痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。痛みが強いと日常生活に支障をきたすことが多く、重症化すると、軽微の刺激(爪や髪への刺激、温度・湿度の変化、音など)で激痛がはしり、自力での生活は困難になります
線維筋痛症とは 線維筋痛症友の会 JFSA

随伴症状

強い疲労・倦怠感、眼や口の乾燥感、不眠や抑うつ気分など多彩な身体的訴え
リウマチ情報センター|線維筋痛症

こわばり感、倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ、自律神経失調、頭痛、過敏性腸炎、微熱、ドライアイ、記憶障害、集中力欠如、レストレスレッグス症候群など
線維筋痛症とは 線維筋痛症友の会 JFSA

疫学

男性よりも女性に多く、中高年の方に多い
人口の1.66%、約200万人の患者がいる
線維筋痛症とは 線維筋痛症友の会 JFSA

診察

診察所見ならびに一般的な臨床検査成績に異常がなく
リウマチ情報センター|線維筋痛症

診断

全身に18箇所の圧痛点があり、4kgの力で押し11箇所以上痛く、また広範囲の痛みが3ヶ月続いている
11箇所以上でなくても専門医の判断で線維筋痛症と診断されることもあります
線維筋痛症とは 線維筋痛症友の会 JFSA

検査

一般的な臨床検査成績に異常がなく
リウマチ情報センター|線維筋痛症

特別な異常がない
血液、レントゲン、CRPという炎症反応、筋電図、筋肉の酵素、CT、MRIを検査しても異常がなく、線維筋痛症と診断できる検査はありません
線維筋痛症とは 線維筋痛症友の会 JFSA

合併症

リウマチや他の膠原病を併発している場合もあります
線維筋痛症とは 線維筋痛症友の会 JFSA

紛らわしい疾患

自律神経失調症や更年期障害、不定愁訴など
線維筋痛症とは 線維筋痛症友の会 JFSA

治療

治療抵抗性
リウマチ情報センター|線維筋痛症

2012年6月22日にプレガバリン(リリカ)が「線維筋痛症に伴う疼痛」に対して保険適応の承認を取得
線維筋痛症とは 線維筋痛症友の会 JFSA