急性緑内障発作

急性緑内障発作とは、隅角の閉塞による急激な眼圧上昇発作のことです。

症状は眼圧上昇、散瞳(中等度散瞳)などです。

眼圧が上昇すると眼痛、頭痛、悪心・嘔吐が出現したり、角膜浮腫を来し視力が低下したりします。

診察では対光反応の減弱が確認できます。

治療は①浸透圧利尿薬点滴、②縮瞳薬点眼の頻回点眼です。

処方例としてはD―マンニトール1瓶を点滴し、2%ピロカルピン塩酸塩点眼液を15分ごと点眼します。

対応は初期治療を行いつつ、緊急で眼科を紹介します。

紹介先は地域の中核病院・医院の眼科です。

 

紹介状

眼科 ○○先生 御侍史

お世話になっております。

○眼の急性緑内障発作です。

D-マンニトール1瓶点滴+2%ピロカルピン塩酸塩点眼で治療をしたところ解除されました/されません。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

急性緑内障発作になりやすい人は高齢の遠視の女性です。高齢で遠視の女性は隅角が閉塞性となりやすいからです。

逆に隅角が開放性の人は発症しません。

白内障の手術を受けた人の隅角は開放性ですので、急性緑内障発作は発症しません。

若いときから近視の人も眼球が伸びており、開放隅角となっているので急性緑内障発作は発症しません。

 

ペンライト法でも閉塞性を見つけることができます。

 

ペンライト法

ペンライトの光を患者の目の真横からあてます。

開放隅角の人は光をあてた目が全体に明るくなります。

閉塞隅角の人は光をあてた目の光をあてている側のみ明るくなり、光をあてための光をあてていない側は暗いままです。

 

参考:ジェネラリストが出合う眼科救急疾患ランキング!第2回 診断が予後を左右する救急疾患!