第99回医師国家試験

第99回医師国家試験

A

53

[問題]
10歳の男児。発熱と咽頭痛とを主訴に来院した。3日前から39℃の発熱と咽頭痛とがあった。体温39.2℃。脈拍92/分、整。発疹はない。心雑音はない。関節腫脹を認めない。イチゴ舌を認める。咽頭粘膜は発赤し、点状出血斑がある。両側口蓋扁桃に黄白色の滲出物が付着している。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球480万、Hb12.5g/dl、Ht41%、白血球11,000(桿状核好中球16%、分葉核好中球56%、好酸球2%、リンパ球26%)、血小板30万。CRP6.5mg/dl。咽頭培養:Streptococcus pyogenes2+。
この疾患に続発するのはどれか。2つ選べ。

[選択肢]

  1. 川崎病
  2. リウマチ熱
  3. 急性糸球体腎炎
  4. 若年性関節リウマチ
  5. 全身性エリテマトーデス

正解

2,3

 

55

[問題]
12歳の男児。半年前から、ボーッとして横になっていることが多くなり、家に引きこもるようになったため、母親に連れられて来院した。2歳時に麻疹に感染したという。診察時に、傾眠傾向にあり、ときおり右の上下肢にミオクローヌスを認める。脳波検査で周期性同期性放電を認める。髄液検査で、蛋白濃度の軽度上昇、麻疹ウイルス抗体価の上昇およびIgGの増加を認める。
この疾患でみられないのはどれか。

[選択肢]

  1. 除脳梗直
  2. 選択かん黙
  3. 幻覚・妄想
  4. 錐体外路症状
  5. けいれん発作

正解

2

 

 

D

89

[問題]
12か月児でみられるのはどれか。

[選択肢]

  1. 背反射
  2. 手掌把握反射
  3. 緊張性頸反射
  4. 交叉性伸展反射
  5. パラシュート反射

正解

3

 

 

G

32

[問題]
10歳の女児。顔色蒼白と息切れとを主訴に来院した。4か月前から徐々に顔色が蒼白になり、動作時に息切れがある。成長発達は正常。体温37.0℃。呼吸数30/分。脈拍92/分、整。皮膚蒼白。前胸部と下肢とに点状出血を認める。胸骨左縁で2/6度の収縮期雑音を聴取する。呼吸音は正常である。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球215万、Hb6.5g/dl、Ht19%、白血球2,100(好中球30%)、血小板2.6万。血清生化学所見:総蛋白6.1g/dl、アルブミン3.2g/dl、クレアチニン0.6mg/dl、尿酸3.2mg/dl、AST19単位、ALT14単位、LDH265単位(基準176~353)。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を示す。
考えられるのはどれか。

99g32

[選択肢]

  1. 再生不良性貧血
  2. 急性骨髄性白血病
  3. EBウイルス感染症
  4. バルボウイルス感染症
  5. 特発性血小板減少性紫斑病

正解

1

 

H

27

[問題]
12歳の女児。2週前から右眼の視力の変動があり来院した。右眼の前眼部写真を示す。
考えられるのはどれか。

99h27

[選択肢]

  1. hurler症候群
  2. Marfan症候群
  3. Sturge-Weber症候群
  4. von Recklinghausen病
  5. Wilson病

正解

2