第101回医師国家試験

第101回医師国家試験

A

31

[問題]
10歳の男児。自転車走行中に自動車にはねられ搬入された。意識は混濁。血圧86/42mmHg。血液所見:赤血球290万、Hb7.2g/dl、Ht32%、白血球11,200、血小板15万。酸素吸入と輸液とを開始した後、緊急に行った腹腔動脈造影写真を示す。
対応として最も適切なのはどれか。

101a31

[選択肢]

  1. 開腹手術
  2. 腹腔ドレナージ
  3. 血管内ステント留置
  4. 動脈塞栓術
  5. 血栓溶解療法

正解

4

 

 

46

[問題]
12歳の男児。右下腿の激痛を主訴に午後11時に来院した。当日午後3時、野球の試合中に右脛骨を骨折し、徒手整復と大腿以下のギプス固定とを受けた。ギプスを分割すると下腿の腫脹が著明で、下腿前外側部の激痛のため足関節の運動が不能である。エックス線単純写真で骨折の側方転位は10mmである。前脛骨筋の筋内圧は著明に上昇している。
直ちに行う処置はどれか。

[選択肢]

  1. 再ギプス固定
  2. 徒手整復
  3. 直達牽引
  4. 筋膜減張切開
  5. 観血的整復固定

正解

4

 

 

 

B

54

[問題]
10か月の乳児でみられるのはどれか。2つ選べ。

[選択肢]

  1. 人見知りをする。
  2. 積木を2つ重ねる。
  3. つかまり立ちをする。
  4. 意味のある単語を言う。
  5. 他の子どもに興味を示す。

正解

1,3

C

26

[問題]
10か月の乳児の発達評価に適しているのはどれか。

[選択肢]

  1. 深部反射
  2. 姿勢反射
  3. 原始反射
  4. 病的反射
  5. 表在反射

正解

2

 

D

13

[問題]
10か月の乳児。1時間前に紙巻タバコ1本を食べたことを主訴に来院した。意識は傾眠傾向で、顔色は不良である。
対応として適切なのはどれか。

[選択肢]

  1. 輸液
  2. 胃洗浄
  3. 経過観察
  4. 緩下薬投与
  5. 人工乳投与

正解

2

G

19

[問題]
10歳の女児。運動中の失神を主訴に来院した。3か月前から動悸と息切れとを感じていた。意識は清明。チアノーゼは認めない。左前胸部が膨隆している。胸骨左縁第2肋間に収縮期クリックを聴取し、II音の分裂は狭く肺動脈成分は亢進している。同部位に拡張期漸減性雑音を聴取する。心電図は右室肥大を示す。胸部エックス線写真を示す。
考えられるのはどれか。

101g19

[選択肢]

  1. 肺高血圧症
  2. 肺動脈弁狭窄症
  3. 三尖弁閉鎖不全症
  4. 僧帽弁逸脱症候群
  5. 大動脈弁閉鎖不全症

正解

1

 

 

33

[問題]
12歳の女児。5日前からの38~39℃の発熱と咽頭痛とを主訴に来院した。咽頭は発赤し、扁桃は腫大し白苔の付着を認める。両側頸部に示指頭大から母指頭大のリンパ節を数個触知する。右肋骨弓下に肝を2cm、左肋骨弓下に脾を2cm触知する。血液所見:赤血球502万、Hb12.6g/dl、Ht43%、白血球14,000(桿状核好中球3%、分葉核好中球20%、単球3%、リンパ球57%、異型リンパ球17%)、血小板21万。血清生化学所見:総ビリルビン0.8mg/dl、AST120IU/l、ALT140IU/l、LDH480IU/l(基準176~353)。CRP2.3mg/dl。
最も考えられるのはどれか。

[選択肢]

  1. 敗血症
  2. 川崎病
  3. 伝染性単核症
  4. A群レンサ球菌感染症
  5. 急性リンパ性白血病

正解

3

 

43

[問題]
12歳の男児。意識消失を主訴に来院した。2年前から熱いものを食べる時やリコーダを吹く時に、ボーとして立ち上がれなくなる発作が10回あった。症状は2~3分間持続する。神経学的に異常はない。頭部単純MRIのT1強調像(A)とT2強調像(B)を示す。
最も考えられるのはどれか。

101g43a 101g43b

[選択肢]

  1. もやもや病
  2. てんかん
  3. 脳動静脈奇形
  4. 副腎白質ジストロフィー
  5. 異染性白質ジストロフィー

正解

1

 

H

3

[問題]
10歳の女児。階段から転落したことを主訴に祖母と来院した。転落時の状況を本人に問うと、「よく分かりません。自分で落ちたと思います」と小声で返答する。祖母に問うと「最近、母親に反抗しているようです。母親はしつけに苦労してイライラしているようです」と不安そうに述べた。女児は母子家庭で育った。女児は非常に小柄で痩せており、表情に乏しい。右半身に打撲、頭部に血腫が認められる。他にも全身に古い打撲痕がいくつか認められる
医師の対応として適切なのはどれか。2つ選べ。

[選択肢]

  1. 祖母を児童相談所に相談に行かせる。
  2. 親に反抗しないように指導する。
  3. 母親から女児の現病歴を聞く。
  4. 祖母の話を信じて治療する。
  5. 児童相談所に通告する。

正解

3,5