身体診察をする際の英会話の基礎

英語圏の患者が日本人医師の診察を受けると、

日本の医師が黙って身体診察を行うことに驚くようです。

英語圏の医師は医師が何故診察をするのかや診察の結果がどうであったかなど、

診察をしながら逐一患者に説明するようです。

以下に身体診察を行う際の英会話の基礎を示します。

 

病歴聴取が終わり、身体診察に移る際に黙って身体診察を始めずに、

次のように簡単でよいので説明を行いましょう。

Mr. Smith, now I’ve finished taking your medical history.

We will now begin with the physical exam.

 

感染予防のために、またエチケットのためにも身体診察の前には手を洗いましょう。

Before we start, I will wash my hands.

 

身体診察を構成する視診、聴診、打診、触診は

英語ではそれぞれ、inspection、auscultation、percussion、palpationといいます。

 

身体診察で使われる動詞で最低限、下記のものは覚えておきます。

to check:I am going to check your reflexes now.

to exam:I need to examine your belly now.

to look:I will now look at the back of your eyes.

to brush:I am going to brush your face using a cotton ball.

to press:I am going to press different parts of your belly.

to place:I will now place this device behind your ear.

to put:I will now put this device behind your ear.

to move:I would like to move your arms.

to tap:I will now tap just below your kneecaps with this device.

to listen:I would like to listen to your heart.

 

身体診察を行うときになぜその身体診察を行うのかを説明します。

to see if everything is fine

to find our why you have this symptom

to check if everything is normal

to see if there is a problem

to look for any sign of infection

to make sure that everything is OK

to see if everything is fine

 

患者にして欲しい動作を説明するときの表現です。

実際にその動作をして示しながらPlease do like this.と言えば簡単です。

 

身体診察の結果、患者が不快感を感じた場合には知らせるように説明しておくことも大事です。

Please let me know if you have any pain or discomfort. OK?

 

これらの表現を基礎として自分なりに追加して学んでいきましょう。

 

参考:RECRUIT DOCTOR’S CAREER 第34巻第11号