アフィリエイトのメモ

構成案の作り方

構成案ができればコンテンツの作成がしやすい。

構成案作成のコツ。

一人のターゲットをイメージし、その人にむかって的確な答えを返す。

とくにイメージした人と会話をしるようなイメージで構成案をつくる。

セールスコピーをかくときも、コピーを読んでいるむこうの人の独り言と会話をする。

ラブレターをかくイメージで記事をかく。そこまででなくても友達と話をするように記事を書く。恋愛相談や友達の悩みにのるときのようなイメージ。できるだけ悩みを解決してあげたいというふうに話をするはず。

検索者の悩みを理解し、解決策を提示する。会話をするように記事をかく。

よくない構成案は会話がすべっている。

会話をシミュレーションして構成案をつくってみる。

役立つ記事とその内容のメモ

アフィリエイトのやり方1 ~5万円稼ぐまでに必要なこと~ | ASPのバリューコマース アフィリエイト

  • アフィリエイトは難しいが、正しい方法を続ければ必ず成果がでる
  • アフィリエイトの仕方は、5step
    • step1アフィリエイトの基礎を学ぶ
      • 仕組み、必要な準備、かかる時間、選ぶべきジャンル、商品が売れる方法
    • step2サイトを作る
      • 有料でサイトを開設するのがおすすめ
      • 必要なのはレンタルサーバー、独自ドメイン、Wordpress
    • step3サイトをデザインする
      • WordPressテンプレートを使う
    • step4記事を書く
      • 商品を売らない記事と商品を売るための記事を使い分けてサイトを育てていく
    • step5サイトを収益化する
      • 月5万に達成するまでが一つの壁
      • ターゲットを絞ってたくさん記事を書いていくのが有効な戦略
      • 「脱毛」は大きすぎるキーサードなので、「すね毛 薄くしたい」のようにターゲットを絞った小さなキーワードを狙って収益化する

アフィリエイトのやり方2 ~アフィリエイトの基礎知識~ | ASPのバリューコマース アフィリエイト

  • アフィリエイトとは、自分のサイトで企業の商品やサービスを宣伝、販売するネットビジネス
  • ASPの役割は、アフィリエイターと広告主をつなぐこと
  • アフィリエイターはASPに登録することで、広告主と提携し、広告を受け取ることができる、また、商品が売れると、報酬を受け取ることができる
  • 必要な準備は、パソコンとわずかな初期投資。年間30000円あれば十分
  • 大切なのは、好きなジャンル、精通している分野、興味のある分野を選ぶこと
  • サイトにアクセスを集めるために、検索エンジンの検索結果で10位以内を目指す。
  • 検索エンジンに上位表示するための工夫を「SEO(Search Engine Optimization)対策」と呼ぶ。
  • SEOにはいろいろあるが、キーワードを意識して記事を書く。
  • 稼げるようになるには時間がかかる。

アフィリエイトのやり方3 ~サイトの作り方~ | ASPのバリューコマース アフィリエイト

  • 初心者は無料ブログで記事を書く練習をしてもいい。
  • 本格的に取り組むなら独自ドメインがいい。
  • 独自ドメインのサイトを作るためには、レンタルサーバー契約、独自ドメイン取得、Wordpressインストールが必要。

アフィリエイトのやり方4 ~サイトデザイン~ | ASPのバリューコマース アフィリエイト

  • WordPressテンプレートを導入し、サイトデザインを完成させる
  • サイトデザインはSEOに直結する
  • おすすめテンプレート
    • Stinger
    • Simplicity
    • Xeory
    • マテリアル
    • minimalWP
    • ATLAS

アフィリエイトのやり方5 ~売れる記事の書き方~ | ASPのバリューコマース アフィリエイト

  • 記事をかくときの心構え
    • ターゲットを明確にして書くこと
    • SEOに強い記事に仕上げること
    • ユーザーに寄り添った記事を書くこと
  • ターゲットを明確にして記事を書くこと
    • 狙った人に必ず読んでもらえるような記事・サイトに仕上げていく
    • ターゲットを絞った方が強豪と争う必要もなく、濃い読者を捕まえやすいため、成約もしやすい
  • SEOに強い記事に仕上げる
    • 検索エンジン(Google,Yahoo! JAPAN等)で上位表示できるようにする
    • SEO対策(検索結果に上位表示をするための施策)を意識して記事を作る
      • キーワード:検索と合致しているか
      • 専門性:テーマが統一されているか
      • 網羅性:情報が網羅的で離脱する必要がないか
      • 権威性:客観的な評価を得られているか
      • ユーザー体験:読者を満足させるコンテンツか
    • ユーザーに寄り添った記事を書くこと
      • ユーザーの悩みを解決できているか
      • ユーザーにとって文章はわかりやすいか
        必要な情報は網羅されているか
  • SEOに強い記事を書く方法
    • キーワードを意識しつつ、ユーザーが理解しやすいコンテンツに仕上げる
      • 記事のタイトル・見出しにキーワードを含ませるのはSEOの鉄則
      • 文章は誰にでもわかりやすい平易なものに仕上げる
        • 指示語を使わない
        • 専門用語を多用しない
        • 結論から話す
      • 記事の構造もしっかり意識して作っていくのが理想
        • 構造は、オープニング(冒頭)・メイン(本文)・クロージング(まとめ)の3つに分けられます。これをしっかり意識して記事を書く
        • オープニングは、記事の一番最初の導入部分です。ここでは、読者の悩みに共感したうえで、記事内に解決策があることを示す
        • メインは、文字通り記事の中核部分です。ここでは、悩みに対する解決策や、提案する商品の詳細などを示していきます。商品を紹介する場合にはメリットだけを羅列するのではなく、デメリットまでしっかり書くのがポイントです。本当に買って損しないのか、読者は非常に気にしていますから、デメリットまで言及されている記事の方が売れやすくなる傾向にある。
        • クロージングは記事のまとめにあたる部分です。ここでは、記事の内容を総括して、読者がこれからどう行動すればいいのかを示します。アフィリエイトの場合、最後に読者の背中をそっと押すひとことを置いておき、商品の購入に繋げることが多い。
    • 記事に装飾をしっかり添える
      • 文字の強調する
      • 文字に下線を引く
      • 写真を挿入する
      • リストや表で整理する
      • 会話を導入する

アフィリエイトのやり方6 ~サイトの収益化~ | ASPのバリューコマース アフィリエイト

  • 月収が5万円を超えるのがための最短ルート。
    • ロングテールを狙って流入を増やす
    • 100記事を目指して書く
    • SNSで露出を増やす
    • サイトの成長を評価する
    • アクセスの集まった記事を強化する
    • 楽しみながら継続する
  • ロングテールを狙って流入を増やす
    • ビッグワードは競合サイトがひしめいている。初心者に勝ち目はない。
    • 「脱毛」よりも、「すね毛 薄くする」「おでこ 広くする」。
    • 月5万円のための目標記事数は50~100記事。
    • ライティングスキルを高めるためにも50〜100記事を目指して執筆を続けていく。
  • SNSで露出を増やす
    • SNS(Twitter、Facebook等)を利用して積極的に記事を拡散していく
  • サイトの成長を客観的に評価する
    • 「検索順位」と「アクセス数の推移」と「ドメインパワー」はしっかり見ておく
    • 検索順位チェック
      • 無料ツールの「SEOチェキ」(外部リンク)や、一部有料の「GRC」(外部リンク)という検索順位チェックツールを利用する
    • アクセス数の推移
      • アクセス統計はGoogleが提供する「Google Analytics」(外部リンク)を使ったり、WordPressプラグインの「Jetpack」(外部リンク)を利用する
    • ドメインパワーの検証
      • メインパワーの検証は「SEOチェキ」(外部リンク)という無料ツールのAlexa traffic rankという値(値が低いほどサイトの評価が高い)で、簡易的に検証する
    • アクセスの集まっている記事を強化する
      • 「強化する」というのは、文章をもっとわかりやすくしたり、イラストを追加して見栄えを良くしたり、成約までの導線を整理したり、といった作業をすること
    • 楽しみながら継続する
      • 作者の想いは、驚くほど読者に伝わっています。作者が楽しみながらつくったサイトほど、読者としては読んでいて楽しかったり役立ったりするもの

コンバージョン率を高めたい【アフィリエイトお悩み相談1】 | ASPのバリューコマース アフィリエイト

  • コンバージョンが発生するまでにユーザーが取る行動
    • サイトにアクセスする
    • 記事を読む
    • 広告をクリックする
    • コンバージョンする
  • コンバージョン率を上げるためにすること
    • SEOで上位表示する
    • 購買意欲の高いユーザーを捕まえる
    • 読者の求めている情報をそろえる
    • わかりやすく解説する
    • 広告を最適な位置に配置する
    • コンバージョンされやすい商品や、サービスを選ぶ
  • 広告配置の最適化
    • クロージング(まとめの部分)は、成約しやすい文章パート
    • アフィリエイト広告のコンバージョンを狙うページはもちろん、そうでないサイト記事も、アドセンスを貼っておくだけでも売上が変わる場合がある
    • アクセスのある記事からリライトして、広告を配置する
  • コンバージョンされやすいキーワードを狙う
    • コンバージョンされやすいキーワード(ユーザーが商品購入や、サービス申込みアクションを起こす手前のキーワード)を狙って上位表示していく
    • 「HUAWEI P10 liteレビュー」は競合が強い。「HUAWEI P10 lite 防水」の方がいい。ユーザーの検索意図としては「P10 lite は防水対応しているのか知りたい」と考えているはずです。つまり買う一歩手前

SEOを学ぶその前に! アフィリエイトを続けるコツ | ASPのバリューコマース アフィリエイト

  • アフィリエイトは目的を達成するための手段としてのひとつ
  • アフィリエイト初心者の仕方は2つ
    • ジャンルを絞って展開する方法
    • ジャンルを絞らずに手法のみを絞って展開する方法
  • ジャンルを絞る方法の例
    • ジャンルを脱毛に絞り、キーワードを永久脱毛とブラジリアンワックスにしぼり、それぞれ1サイト、計2サイト作る。この場合、20ページから70ページ程度とする。
    • 脱毛をキーワードにするなら数百ページの大規模サイトとする。
  • 手法を絞る方法の例
    • 10~20ページ程度の小規模サイトにし、テレビやWebで大きくプロモーションしている商品やサービスのレビューサイトをつくる。
    • 盛り上がっていない商品やサービスでは、売り上げがでないことがあるため、注意する。

アフィリエイトSEO概論 2014年以降のSEOは何が違う? | ASPのバリューコマース アフィリエイト

  • 2014年以降のSEO
    • 2014年以前は、タイトルタグやH1、H2タグなど、ある程度最適化していれば、「そのサイトがどういうことを書いているサイトなのか」ということをGoogleは認識していた
    • 今は、ターゲットキーワード周辺の共起語を重視している
    • 共起語とは
      • 例えば、道玄坂、山手線、宮益坂、西武百貨店、東武百貨店、ハチ公と聞くと、多くの人が「渋谷」というキーワードを思い浮かべるでしょう。この場合、「渋谷」を連想させる「道玄坂」「山手線」「宮益坂」「西武百貨店」「東武百貨店」「ハチ公」が共起語。
    • Googleでは、ターゲットキーワード以外にも、共起語から「そのサイトが何を言わんとしているのか」を理解しようとするアルゴリズムが働いており、そこに、個別記事タイトルのクリック率、滞在時間、PV、離脱後のユーザーの動きといった要素が加わり、コンテンツを評価する仕組みになってきている。
    • SEOにおける重要な要素の8割~9割は質の高いコンテンツを生み出すこと
    • 質の高いコンテンツとは
      • A.Googleが考える質の高いコンテンツ
      • B.メディア作成者が考える質の高いコンテンツ
      • C.ユーザーが考える質の高いコンテンツ
    • 最終的には「C.ユーザーが考える質の高いコンテンツ」を目指すべきです。しかし、いきなり「ユーザーが欲しがっているコンテンツとは何か」ということを把握できないため、B→A→Cの順で、Google Search Console(サーチコンソール)のデータを元にコンテンツを進化させていくイメージで作り込んでいく
    • コンテンツ設計における重要な4つのポイント
      • ・サイト全体のテーマに対する網羅性
        • 例えば、「脱毛」というキーワードで考えたときに、脱毛できるエステを探したい場合は「脱毛エステ」、クリニックで脱毛をしたい場合は「医療脱毛」、渋谷で探している場合は「渋谷 脱毛」、永久脱毛を探している場合は「永久脱毛」といったキーワードが思いつきます。「脱毛」という大きなテーマについて、「脱毛エステ」、「医療脱毛」、「渋谷 脱毛」、「永久脱毛」を説明するコンテンツ、カテゴリーを用意することが網羅性となります。
      • ・各ページコンテンツの完結性
        • あるテーマに対して、1ページの内容で説明しつくされているかどうか。もうこれ以上書ける情報がないというくらい、しっかりと情報を記載することが重要
      • ・わかりやすさ
        • ページの滞在時間が短すぎないか、PVはどれくらいかというデータから、読者は最後までコンテンツを読破しているか、わかりやすい内容になっているかを意識します。
      • ・オリジナリティ
        • 他のサイトには無い、オリジナルなコンテツや仕組みが重要です。
  • 今現在のSEOの鍵
    • Google Search Console(サーチコンソール)に登録し、論理的なサイト構造、質の高いコンテンツを作成・修正し、ナチュラルリンクの獲得を目指すのがいい
    • サイト設計、コンテンツの作成と修正に8割~9割の力を入れ、外部リンクの獲得は1割~2割以下
    • Google Search Console(サーチコンソール)に登録してデータを見ながらコンテンツを考えていく
      検索順位チェックツール「GRC」(外部サイト)、「Alumina(アルミナ)」(外部サイト)などを使って自分のサイトのSEO順位をチェックする
    • ターゲットキーワードの設定によって、サイト全体の必要なページ数が決まる
    • ページはサイト設計時に「必要だから」記事作成するのであり、むやみにページ数を増やしてもだめ

サイト設計論 ~トップページキーワードの考え方~ | ASPのバリューコマース アフィリエイト

  • サイトのトップページのH1キーワ―ドは、サイト全体のテーマを決定します。このテーマ設定がサイトのその後の運命を握るくらい重要
  • まず、キーワードを徹底的に羅列してから、意図ごとにグルーピングしましょう
  • 検索意図が同じキーワードが複数ある場合は、検索ボリュームが多いキーワードを選択してH1タグに設定するといい
  •  「検索ボリュームが大きいキーワードを選べばOK!」ではない
    • 「検索ボリューム」と「キーワード概念」は、あまり関係がないため、キーワード選定のはじめの段階から「検索ボリューム」は意識しません。
    • 最終チェックの段階で、はじめて「検索ボリューム」によるチェックをしますが、まず、「サイトの設計をどうしていくか」を先に考えていく
  • ターゲットキーワ―ド設定時の概念
    • キーワードを選定する事例として、「脱毛」をあげてみます
      • 関連キーワードを羅列する
        • 「医療 脱毛」、「脱毛 渋谷」、「全身 脱毛」、「永久 脱毛」、「わき 脱毛」、「出産後 脱毛」、「脱毛 クリーム」、「脱毛 手軽」
      • 関連キーワードをグルーピングする
        • 「医療 脱毛」=「病院で脱毛したい」という意図が含まれます。
        • 「脱毛 渋谷」=「渋谷で脱毛したい」という意図が含まれます。
        • 「全身 脱毛」=「全身を脱毛したい」という意図が含まれます。
        • 「永久 脱毛」=「永久に毛がない状態にしたい」という意図が含まれます。
        • 「わき 脱毛」=「わきを脱毛したい」という意図が含まれます。
        • 「出産後 脱毛」=「出産後に脱毛しても大丈夫か」という意図が含まれます。
      • 「医療 脱毛」の意図の中に、各キーワードの意図も内包される部分があります。
        • 医師の監修のもと脱毛できる場所を、渋谷で探したい。
        • 医師の監修のもと、全身脱毛をしたい。
        • 医師の監修のもと、永久脱毛をしたい。
        • 医師の監修のもと、わき脱毛をしたい。
        • 出産後に脱毛をしても大丈夫か、医師の診断を受けたい。
      • このように、「医療 脱毛」に各キーワードが内包されるため、トップページのH1キーワードとして「医療 脱毛」を選択します。そのサイトに、どのようなコンテンンツを入れるかを考えた場合、「脱毛 渋谷」、「全身 脱毛」、「永久 脱毛」、「わき 脱毛」、「出産後 脱毛」のキーワードをカテゴリーとして個別ページを配置していきます。